検索
  • megumino-clinic

脳のエネルギー源は糖新生(2020.11.5)

農林水産省の子供の食育のホームページに以下のことが書かれてあります。「私たちの脳は“ブドウ糖”をエネルギー源として使っています。朝起きたときに頭が「ボーッ」としてしまうのは、寝ている間にブドウ糖が使われて足りなくなってしまうためです。朝食を食べないと、午前中、からだは動いても頭はボンヤリ、ということになりがちです。脳のエネルギー源のブドウ糖を朝食でしっかり補給し、脳とからだをしっかり目覚めさせましょう。ごはんなどの主食には脳のエネルギー源になるブドウ糖が多く含まれているので、朝から勉強や仕事に集中できるのです。朝食は一日を活動的にいきいきと過ごすための大事なスイッチ。毎朝ちゃんとスイッチを入れましょう。」脳は周囲の情報を感覚器から取得し、その情報を統合、分析し、そして判断し、運動器に命令を下します。脳は全身のエネルギー需要の

20%を占めており、確かに通常はエネルギーをブドウ糖から得ています。しかし、その活動が食事からのブドウ糖摂取が途絶えることで停止することはありません。脳の活動は、食事摂取の有無とは関係なく、脂肪酸の燃焼によるアミノ酸からの糖新生で賄われております。農林水産省のホームページはどこかおかしくありませんか?(図は夏井睦先生の炭水化物は人類を滅ぼすから)

8回の閲覧

最新記事

すべて表示

糖質制限で血圧は下がる!(2020.11.27)

2008年4月から40歳から74歳の方を対象に行われている特定健診(別名メタボ健診)については皆さんご存知だと思いますが、簡単におさらいしておきましょう。腹囲が男性で85cm、女性で90cm以上あり血糖値が空腹時で110mg/dl以上、収縮期血圧130mmHg以上または/かつ拡張期血圧85mmHg以上、中性脂肪150mg/dl以上または/かつHDLコレステロール40mg/dl未満の3つのうち2つ以

糖質を減らすと痩せる理由(2020.11.25)

1.糖質摂取を減らすと脂質をエネルギーとして使う(脂肪が減る→痩せる)。 2.肥満ホルモンと言われる脂肪蓄積作用のあるインスリンの追加分泌が減る。 3.糖質摂取が少なくなると糖新生が多く起こる事になり、糖新生は脂肪を燃やしたエネルギーを使う(脂肪が減る→痩せる)。 4.食事で摂った栄養が消化吸収される時エネルギーが使われるが糖質を減らしタンパク質を多く摂ればエネルギーが多く使われる。摂ったカロリー

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now