検索
  • megumino-clinic

脂肪酸の話 その2 ココナッツオイルとMCTオイル(2020.11.11)

2020.11.5のブログで糖質制限をした時のケトン体生成について説明しましたが、脂肪酸が細胞質でアシルCoAになり、さらにミトコンドリアに入る時、通常はカルニチンの触媒作用が必要です。しかし、コオナッツオイルやMCT(medium chain triglyceride)オイルに含まれる中鎖脂肪酸はこの触媒作用を必要とせず容易にミトコンドリアに入ることができ、β酸化を受けてアセチルCoAになります。従って、糖質制限により体内の脂肪酸からケトン体が生成され、さらに、ココナッツオイルやMCTオイルの摂取によりケトン体生成は相乗的に増加します。MCTオイルは60%のカプリル酸と40%のカプリン酸からなり短時間でケトン体を生成しますが、コオナッツオイルは60%の中鎖脂肪酸と40%の長鎖脂肪酸からなり、中鎖脂肪酸のうち76.5%はラウリン酸です。ラウリン酸はカプリル酸やカプリン酸に比べると代謝が遅くゆっくりとケトン体を生成します。実は、コオナッツオイルとMCTオイルを組み合わせケトン体生成までの時間差と持続時間差をうまく使い長時間ケトン体を作用させることにより認知症の治療が行われているのです。(ケトン体による認知症治療については後日ブログに載せたいと思います。)(図は宗田先生の最強の油・MCTオイルで病気知らずの体になる!から)



9回の閲覧

最新記事

すべて表示

糖質制限で血圧は下がる!(2020.11.27)

2008年4月から40歳から74歳の方を対象に行われている特定健診(別名メタボ健診)については皆さんご存知だと思いますが、簡単におさらいしておきましょう。腹囲が男性で85cm、女性で90cm以上あり血糖値が空腹時で110mg/dl以上、収縮期血圧130mmHg以上または/かつ拡張期血圧85mmHg以上、中性脂肪150mg/dl以上または/かつHDLコレステロール40mg/dl未満の3つのうち2つ以

糖質を減らすと痩せる理由(2020.11.25)

1.糖質摂取を減らすと脂質をエネルギーとして使う(脂肪が減る→痩せる)。 2.肥満ホルモンと言われる脂肪蓄積作用のあるインスリンの追加分泌が減る。 3.糖質摂取が少なくなると糖新生が多く起こる事になり、糖新生は脂肪を燃やしたエネルギーを使う(脂肪が減る→痩せる)。 4.食事で摂った栄養が消化吸収される時エネルギーが使われるが糖質を減らしタンパク質を多く摂ればエネルギーが多く使われる。摂ったカロリー

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now