検索
  • megumino-clinic

炭水化物、糖質、糖類(2020.11.21)

江部先生の著書「江部康二の糖質制限革命」に載っている「糖質の分類」がわかりやすいのでお示しいたします。甘味料は人工甘味料と天然甘味料に分けられ、人工甘味料は図で示した通り糖アルコールと合成甘味料に分けられます。天然甘味料とはさとうきびやテンサイなど天然の植物に含まれている甘み成分を抽出したものです。蔗糖、ステビオサイド、グリチルリチン酸、はちみつ、メープルシロップ、麦芽糖があります。はちみつなどはヘルシーなイメージがありますが、血糖値を上げインスリンの分泌を促しますから注意が必要です。糖アルコールには虫歯予防のガムに含まれるキシリトールやマルチトール、ソルビトール、ラクチトール、エリスリトールがあります。大部分は砂糖の半分程度血糖を上げるようですが、マルチトールは9割程度血糖の上昇をもたらします。一方、江部先生お勧めのエリスリトールは安全性が高く血糖値は上げません。「ラカントS」として市販されておりますので是非活用してみてください。合成甘味料に関してはマウスやヒトの実験で耐糖能障害(糖の処理能力が低下)やリッキーガットシンドローム(腸のヒダに穴が開きクローン病や食物アレルギーを起こす)の報告を受け摂取に慎重な立場をとられる先生と厚労省が定める基準内であれば問題はないとの立場をとられる先生に分かれます。私は否定的な立場をとっています。



7回の閲覧

最新記事

すべて表示

糖質制限で血圧は下がる!(2020.11.27)

2008年4月から40歳から74歳の方を対象に行われている特定健診(別名メタボ健診)については皆さんご存知だと思いますが、簡単におさらいしておきましょう。腹囲が男性で85cm、女性で90cm以上あり血糖値が空腹時で110mg/dl以上、収縮期血圧130mmHg以上または/かつ拡張期血圧85mmHg以上、中性脂肪150mg/dl以上または/かつHDLコレステロール40mg/dl未満の3つのうち2つ以

糖質を減らすと痩せる理由(2020.11.25)

1.糖質摂取を減らすと脂質をエネルギーとして使う(脂肪が減る→痩せる)。 2.肥満ホルモンと言われる脂肪蓄積作用のあるインスリンの追加分泌が減る。 3.糖質摂取が少なくなると糖新生が多く起こる事になり、糖新生は脂肪を燃やしたエネルギーを使う(脂肪が減る→痩せる)。 4.食事で摂った栄養が消化吸収される時エネルギーが使われるが糖質を減らしタンパク質を多く摂ればエネルギーが多く使われる。摂ったカロリー

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now